ICTを活用した革新的ものづくり

研究テーマ

  • 新材料の開発をモデルベースで推進
  • 生産性向上のためのデータ駆動型スマートシステム
  • 高速画像処理技術を活用した検査・モニタリングの精度向上

研究内容

研究の背景

製造業にAI、IoT、ビッグデータといった、いわゆる第4次産業革命の波が押し寄せています。日本企業が、グローバルな競争力を維持するためには、この革命への対応、つまり「ものづくりのデジタル化」が不可欠です。

広島地域では、マツダ㈱がシミュレーション技術を駆使して効率的な開発を行う「モデルベース開発(Model Base Development: MBD)」を導入し、高効率なエンジンを開発するなど成果を上げています。MBD手法は多くの産業における共通技術となり得るものです。さらに、広島大学は数多くのものづくり優良企業と共同研究を行っており、この地域にはデジタルものづくりに取り組む素地(先行優位性)があります。

 

 

研究内容

このような状況を背景に、広島大学は「デジタル技術を活用したものづくり」を本学の重要な研究テーマと考え、推進してきました。ものづくりのバリューチェーン全体のデジタル化に向けて先端的な研究開発や産業人材の育成を推進するため、内閣府の「地方大学・地域産業創生交付金」を活用して2019年2月に「デジタルものづくり教育研究センター」を設立しました。
http://hudmerc.hiroshima-u.ac.jp/

「デジタルものづくり教育研究センター」におけるプロジェクト

●Project 01

材料モデルベースリサーチ
プロジェクトリーダー
大下 浄治教授

環境にも人にも優しい新材料の研究開発をモデルベースで推進し、自動車等への社会実装を、産学官が共創して取り組みます。革新的多機能複合材料の研究開発を、マルチフィジックス・シミュレーションを活用し、素材/構造/材料モデル一体で行います。

●Project 02

データ駆動型スマートシステム
プロジェクトリーダー
山本 透 教授

モデルベース開発(MBD)アプローチとデータ駆動型アプローチのインタープレイによる新しい開発プラットフォーム、ならびにデータ駆動型制御にデータ解析や機械学習を有機的に結合することによって構成されるデータ駆動型スマートシステムの双方の構築に必要となる基本的知識と技術の習得を図ります。加えて、これらの知識を技術による実問題解決の可能性を探ります。

● Project 03

スマート検査・モニタリング
プロジェクトリーダー
石井 抱 教授

目に見えない振動情報の可視化等を可能とする高速画像処理技術をベースとした、生産プロセス等での異常検知・診断を可能とするスマート検査・モニタリングの基盤整備及びシステム実装について、産学官が共創して取り組みます。

 

社会実装のイメージ・企業との連携

すでに多くの企業に参加いただいております。

上述のプロジェクトに関心のある企業は、以下の窓口にお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ

企業の産学連携とオープンイノベーションの課題を解消します。
研究や提供サービス、取材に関するお問い合わせはこちらまで

中條 善樹

YOSHIKI CHUJO

広島大学 特任教授
デジタルものづくり教育研究センター長

1980年京都大学大学院工学研究科博士後期課程を修了後、名古屋大学助手、京都大学講師、助教授を経て1995年より京都大学工学研究科教授、日本化学会筆頭副会長、近畿化学協会会長、高分子学会会長などを歴任し2019年より現職。現在、京都大学名誉教授、立命館大学客員教授、同志社大学嘱託教授、国立台湾大学特聘講座教授、日本学術会議連携会員などを併任。
専門は高分子科学、材料化学。
高分子学会賞、日本化学会学術賞、日本化学会賞、紫綬褒章、高分子科学功績賞などを受賞。

大下 浄治

JOJI OHSHITA

広島大学
大学院先進理工系科学研究科 教授

京都大学大学院 工学研究科博士課程前期 修了後、広島大学工学部 助手、1991年 広島大学にて工学博士の学位を取得。1991-1992年 ドイツ ミュンヘン工科大学 博士研究員。広島大学大学院工学研究科 助教授、同教授を経て、現在、広島大学大学院 先進理工系科学研究科 教授。2019年より同大学デジタルものづくり教育研究センター 材料モデルベースリサーチ部門 部門長およびプロジェクトリーダーを併任。
専門は有機材料化学。
有機合成化学協会 有機合成奨励賞、高分子学会賞を受賞。

山本 透

TORU YAMAMOTO

広島大学
大学院先進理工系科学研究科 教授

徳島大学大学院 工学研究科修士課程 修了後、1994年大阪大学にて博士号(工学)を取得。高松工業高等専門学校 講師、東京大学 工学部計数工学科 文部省内地研究員、大阪大学 助手、岡山県立大学 助教授などを経て、現在、広島大学大学院 先進理工系科学研究科 教授。2019年より同大学デジタルものづくり教育研究センター データ駆動型スマートシステム部門 部門長およびプロジェクトリーダーを併任。
専門は制御工学。
電気学会 進歩賞、計測自動制御学会 技術賞、文部科学大臣表彰・科学技術賞、電気学会 電子・情報・システム部門 優秀論文賞、日本工学教育協会 工学教育賞などを受賞。

石井 抱

IDAKU ISHII

広島大学
大学院先進理工系科学研究科 教授

東京大学大学院 工学系研究科にて博士号(工学)を取得。東京大学大学院工学研究科 助手、東京農工大学工学部 助教授などを経て、現在、広島大学大学院 先進理工系科学研究科 教授。2019年より同大学デジタルものづくり教育研究センター スマート検査・モニタリングプロジェクト プロジェクトリーダーを併任。
専門は計測工学。
日本機械学会賞、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ROBOMEC表彰、IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science、Best Paper Awardなどを受賞。