SERVICE & PROGRAM

サービスとプログラム

西日本随一の地方におけるイノベーション拠点として、当地発の新産業の創出を目指します

SERVICE

提供サービス

大型の共同研究において成果を実現するためには、相互の信頼関係のもと、研究者が研究に集中できる体制が不可欠です。広島大学の研究シーズを活用した世界的な新事業を創出するために、大学として組織的な連携体制を取り、企業と長期的で強固な関係を構築します。

新事業創出のために有効な共同研究を実現するため、HOIPは共同研究組成から社会実装まで5つのフェーズで役割を果たします。

フェーズ1 企業の技術シーズ探索
広島大学には世界トップレベルの研究が多数あります。しかし、その技術が自社の製品開発に利用できるかを、外部から判断するのは容易ではありません。
企業それぞれの製品戦略や技術ニーズを踏まえながら、HOIPが本学の研究シーズを効率的に紹介します。

フェーズ2 共同研究組成
共同研究組成の際は、HOIPが契約・知財等の調整窓口となるとともに、学内における研究場所の確保、関連する研究者の招聘等関連手続きをアレンジします。
HOIPが一本化された窓口になり、事務手続きを簡素化するとともに、各企業の要望に応じたフレキシブルな対応を実現します。

フェーズ3 共同研究の進捗管理
共同研究開始後は、HOIPが進捗管理を行い、研究成果の社会実装の実現を支援します。
共同研究とは、その企業の研究部門の一部を広島大学内に拡張することであり、共同研究の成果が企業にとって納得できるものになるようサポートします。

フェーズ4 共同研究の新分野展開・学外技術との連携
大学発の技術が実際に社会実装されるためには、単一の共同研究の成果だけでは十分ではなく、関連技術との融合や周辺技術の開発が必要になる場合があります。
HOIPは、社会実装のための必要条件をリサーチし、共同研究の進捗状況を勘案しつつ、学内・学外の研究者や技術との融合を企業に積極的に提案します。

フェーズ5 共同研究の事業化
共同研究で生まれた新技術を実際の経済活動で活用するために、地元自治体とのネットワークも活用しながら、HOIPが積極的なサポートを行います。
(1)大学による共同研究先の企業への知財供与
(2)事業化のために必要な追加的な知財やパートナー企業の情報提供
(3)新事業立ち上げのための経営陣紹介や資金調達
(4)活動場所の確保や公的機関のサポートの可能性の追求

CASE

事例紹介

広島大学における産学連携の実例をご紹介します。

CONTACT

お問い合わせ

企業の産学連携とオープンイノベーションの課題を解消します。
研究や提供サービス、取材に関するお問い合わせはこちらまで